就職活動で簿記資格を有効に使う

簿記の資格で就職活動

簿記の資格で就職活動をする場合のポイント

簿記の資格を持っている場合にどの程度就職に有利になでしょうか?
実際に就職する場合に簿記の資格で評価されるのは日商簿記2級からです。
高卒では全商簿記1級が必要になると思います。

 

 

簿記3級レベルで就職優遇は困難だと思いますし、軽い事務をされている方のほうが実は事務に
詳しいと思います。
企業により使う勘定科目も違いますし、やり方が多少違いますので実務経験が必要になります。
簿記3級を会社の勧めで取ろうと思った方はその限りではありません。

 

 

企業により会計内容は様々です。
例えば会計処理ソフトなどがあれば要点だけ抑えるとある程度の方には使いこなせますので簿記の
資格が必要ない場合もあります。小さな企業ではあまり重要視されていません。
税理士事務所に任せている企業も多いと思います(基本は自分で作成)
実際のところ実務と資格は別物なんです。

 

 

実務経験があり日商簿記2級程度の資格があれば、ある程度世の中的に認められていますので
就職に優遇されるのは間違いありません。
しかし3級では就職優遇とまではいきません。(3級でも実務ができるのであれば優遇されます)
日商簿記1級を取得された方は優遇されるチャンスがたくさんあると私は思います。
私は転職を考えてはいませんが、実務と簿記1級の力で歳をとっても就職の機会があると思っています。何度か誘われたことがありますが、今の会社はとても居心地がよいです。

 

 

⇒ 通信講座で気をつけることを書きました

自営業の方は税務署の調査が入った時に簿記の資格があれば必要書類が解ります

自営業の方で簿記3級を取得する方が増えています。
働いても報われないのであれば自分で商売をしたいと思う方が多くなっています。
そこで必要になるのが確定申告です(個人と法人では申告方法が違います)

 

 

簿記の資格で就職活動

 

 

実際に商売を始めたけれど確定申告の方法が解らないという方も多いのですが、税務署に出向いて
申告をするのであれば、担当についてくださる係りの方がしっかりと教えてくれます。
(申告者が多い場合は自分で捕まえないといけません)
また、e-Tax(イータックス)で申告をする方法もあります。
インターネットを使った申告なので自分の都合のよい時間に書類作成ができます(項目入力)
⇒ 自宅からインターネットを使って申告できるe-Tax(イータックス)

 

 

税務調査が入ると必要書類をあらかじめ用意しておかなければなりませんので、簿記の知識が
あれば何をすればよいのか大体解りますし、税務署の方が仰る内容もつかめます。
自営業の方にも簿記の知識が必要な時代になっていますので、余裕があれば是非取得しておきましょう。レベル的には日商簿記3級でOKです(全商簿記3級でもいいかもです)

 

簿記資格だけで就職は可能か?簿記2級と実務経験があれば採用可能

簿記の資格を必要と思い立ち、独学で勉強を重ねる方は多いです。
日商簿記2級を取得し、就職活動に役立てる方も非常に多いのですが、企業により経理の仕事は様々です。
就職先では、簿記で勉強した以外の勘定科目も存在します。
更に、電子化している企業も多いため実務を求められる事が多くなっています。

 

 

簿記の資格は就職に有利に働くのか?という疑問があると思いますが、簿記の資格は他の資格よりも評価は高いです。
国家資格に比べれば差は大きいですが、簿記の資格といえど個人の能力を測るために必要なのです。
また簿記1級をもっていたとしてもパソコン操作ができなければ今の時代は難しいです。
簡単な表計算と書類作りが出来ないと厳しいでしょう。

 

 

簿記2級の資格をもっている事と、実務経験が1年でもあれば就職にはかなり有利だと思います。
実際に働くとなるとコミュニケーション能力なども面接時に見られますので、総合評価で判断する企業が多いようです。
結論的に、人員募集の基準よりも高く評価される必要があるため資格は必要となります。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ